<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
神座できた
東京駅に新しくできたグランルーフに神座が来た。
都内では新宿と渋谷にあるけど千葉民的には逆方向。
仕事帰りに神座寄れるようになったのは嬉しい限り。
a0021266_2194578.jpg

白菜と豚バラの甘味がやさしいスープがお気に入りです。
[PR]
by van_ya | 2013-10-29 21:02 | 雑記 | Comments(0)
夏(秋)休み 5日目(カンボジア2日目)
カンボジア2日目

朝5時出発でアンコール・ワットの日の出鑑賞。
a0021266_20471440.jpg
早朝にもかかわらず色々な国の観光客が今か今かと日の出を待ちます。

a0021266_20481971.jpg
日の出のアンコール・ワット。

金色に輝く太陽とアンコール・ワットのシルエットがとても幻想的。
周囲にはたくさんの観光客がいるのだけれど、あんまり喋る人はいなくてとても静かでした。
a0021266_20482399.jpg
少し雲があって抜群のコンディションではなかったけども、太陽の力ってすごいなぁと実感させられます。

■タ・プローム
a0021266_20574090.jpg


自然と遺跡が融合したタ・プローム遺跡。
ガジュマルの木の根が遺跡のあちこちに這い回り、遺跡の一部を崩落させるにまで成長しています。

タイミング的にちょうど人が少なかったので秘境的な感じがとてもよかったです。

a0021266_213979.jpg
入り口の門にある四面仏。
下から見上げた感じがパトレイバー2劇場版のOPみたい。

a0021266_214312.jpg
遺跡入り口付近のお土産やさん。

道は舗装されていなくて昨晩の雨の水溜りがすごいです。
実はシェムリアプを少し離れると道はどこもこんな感じで舗装されておらず、車もムチャクチャ揺れます。
日本がとてつもない先進国だという事を実感させられます。


■バンテアイ・スレイ
a0021266_21173149.jpg
シェムリアプから40Km程はなれたバンテアイ・スレイ。
a0021266_21173575.jpg
ココの見所はなんと言っても彫刻の彫りの深さと細かさです。

他の遺跡よりは規模は小さいのですが、彫刻の細かさと華やかさが抜群。
a0021266_21205223.jpg
この遺跡で最も有名なレリーフ。其の美しさから東洋のモナリザともいわれています。


■オールド・マーケット
2日間のアンコール遺跡観光もこのバンテアイ・スレイで最後。

シェムリアプの街に戻ってオールド・マーケットを散策。
a0021266_21465330.jpg

やはり同じ東南アジアの市場。ベトナムのベンタイン市場とも雰囲気は似ています。

衣料、雑貨、食料品と扱うお店がたくさん。
a0021266_21465677.jpg
カンボジアのお米屋さん。カンボジアのお米事情は良くわかりませんが、産地やブランド?などによって値段がけっこう違います。

とはいえ50~100円/Kg程度ですので日本に比べたら格安ですね。


■一路日本へ
あっという間の5日間。
夕方の便でカンボジアを離れ、いざ日本への帰路につきます。
a0021266_2158290.jpg

行きと同じホーチミン経由だとつまらないので帰りはハノイ経由にしたのですが、ベトナム首都の空港にもかかわらずここでまたもタラップ降機。

同じベトナムなのにハノイの空港はまた違った雰囲気。
免税店も商売っ気があまりなくまったりムード。

乗り継ぎ便の出発までのんびりとベトナムコーヒー飲みながら時間をつぶしました。



今日の朝アンコール・ワットで日の出を見ていたのに、今はベトナム。そして明日の朝には日本なんだよなぁ・・・と思うと寂しくなりました。

アンコール遺跡はまだまだ見たいところがいっぱいあります。
今回見たところももっと時間をかけてじっくりと見て回りたいです。

とりあえず初めてのカンボジアでしたが、これから何度も訪れてみたい国になりました。
a0021266_22141630.jpg
静岡上空。日も昇ってきて雲が眩しいです。
a0021266_22141971.jpg
雲の隙間から富士山が・・・

また次の旅行に向けて仕事がんばるべぇ~
[PR]
by van_ya | 2013-10-27 21:39 | 雑記 | Comments(0)
夏(秋)休み 4日目(カンボジア1日目)
カンボジア、シェムリアプ。

念願のアンコールワットに来ました。

<4日目>
宿泊先のホテル。
a0021266_258131.jpg
中心地から少し離れているのでのんびり静か。
お値段の割りにとてもキレイで快適。遺跡目当てで昼間はほとんどいないんだからもっと安ホテルでも良かったかな~と思っちゃうくらい。

昨晩の夜は外に食事に出ようと思ったのだけど、周囲のあまりの暗さにビビッてホテルのレストランで済ませちゃいました。


■チケット売り場
a0021266_1533367.jpg
アンコール遺跡群のチケット売り場。
3Dayチケット40$を購入。
譲渡防止の為にその場で顔写真を撮影してチケットに印刷されます。


■アンコール・トム
a0021266_1573171.jpg
アンコール・トムの入り口、南大門。

アンコール・トムは1辺の長さが3kmの正方形をしていてとても広い。
この南大門から中心の遺跡まではさらに1km以上あります。
a0021266_205618.jpg
中心部にあるバイヨン。
四方に観音菩薩の顔が彫られた四面塔が立ち並び、微妙に異なる微笑を浮かべています。
a0021266_28273.jpg
a0021266_283673.jpg
なんかもう、壮大すぎて言葉にならない感じ。

おしむらくは人が多すぎなことw

a0021266_2102113.jpg
バプーオン。シャム(現在のタイ)が攻めてきた時に王妃が子供を隠したとされる寺院。バプーオンとは隠し子の意味だとか。

■トンレサップ湖
昼食後東南アジア最大の湖、トンレサップ湖クルーズ。
a0021266_2191492.jpg
湖には湖上に住む人たちの家が浮かんでいます。

雨季、乾季で湖の面積が大きく変わるので、周囲の状況にあわせて家も引越しをするのだとか。
a0021266_2192898.jpg
お店も湖の上。

ここでは学校もお寺もみんな水の上。
手紙を出す時の住所ってどうなるんだろう??って思います。
a0021266_223244.jpg
ちびっ子達の遊びも湖。
a0021266_2212013.jpg
ものすごく小さい子でもオールをつかって自分の何倍もある船を漕いで移動。

たくましいです。

■アンコール・ワット
とうとう来ました、アンコール・ワット。
a0021266_226536.jpg
とても人が作ったとは思えないスケール、美しさに圧倒されます。
いまここに自分が立っているのがふしぎに思えてくる感じ。

a0021266_2281314.jpg
各回廊に細かくて美しいレリーフがたくさん。

中心部、第三回廊。
a0021266_2375083.jpg
前日が仏足日(満月)にあたる日で第三回廊に入れない日なのですが、出発前に察知して旅程を1日変更。
今日は問題なく入る事ができました。
a0021266_238682.jpg
第三回廊から西門。
シェムリアプでは第三回廊の高さより高い建物は建ててはいけない決まりがあり、周囲の眺めは最高です。

大きな建物、風景、細かいレリーフなど、見所は大小様々。
a0021266_245967.jpg
湖面に映る逆さアンコール・ワット。
a0021266_2463160.jpg
日の出のシルエット。

天気、季節、時間によってもその見え方が代わるアンコール・ワット。
結構な時間見て回ったけども対象が大きすぎ、多すぎ。
全然見切れなかったので今度はフリーでじっくり時間を取って回りたいです。

a0021266_2511521.jpg

昼間の遺跡観光の興奮が冷めやらぬうちにアプサラの舞を見ながらの夕食。
このあたりになってからようやく休暇とってるぅぅ~的な気分になりました。

日の出シルエットの写真を既に載せちゃったけど、日の出を見に行くのは実は明日の朝。
夕食後は明日の朝にそなえてサクッと就寝。
[PR]
by van_ya | 2013-10-27 02:57 | 雑記 | Comments(0)
夏(秋)休み 3日目(ベトナム2日目)
<3日目>
ベトナム2日目はホーチミンから2時間弱のミトーという街で行われているメコンデルタツアーに参加。

このツアーは前回来た時に全く同じツアーに参加していた為あまりテンション上がらず。

メコン川の中洲にある島でジャングルクルーズなのですが、この島が完全に観光客向けの商売島と化してしまっていて気がそがれます。

フルーツ、蜂蜜、ヤシの実キャラメル等の実演販売がコースに上手い事組み込まれていて商売っ気がありすぎるのがテンションをさらに下げてきます。

ジャングルといいつつヤシの茂みに囲まれた小川を小船で移動するだけなので、冷静に考えればどこがジャングルなのかと・・・

初めて来た時はナゼかテンション上がっていて結構な枚数の写真撮っていました。
今思えば不思議です。
a0021266_1181119.jpg
a0021266_1181834.jpg
a0021266_118221.jpg
メコンデルタツーアではあまり写真は撮りませんでした。
島の大人たちが観光客相手に商売に励む中、子供達はのんびりくつろぎモードw


a0021266_123590.jpg
お昼ご飯。 出た!ツアー名物のエレファントフィッシュ。

いろんな葉っぱと野菜と一緒にライスペーパーに包んで食べる。
美味しいけど食べる身は少なくて3回くらいで食べるところがなくなっちゃいます。

■カンボジアへ
メコンデルタツアーを終え、夕刻ベトナムからカンボジアのシェムリアプへ。
ホーチミンから1時間程でシェムリアプ空港到着。

日本なら東京から九州くらいの距離で違う国って、島国日本ではあまり経験できませんね。

機内で渡された入国カード、税関申告カードも短い飛行時間のせいで書き終える事が出来ませんでした。
a0021266_1295972.jpg

人生で2度目となるタラップ降機。
目の前の飛行機にテンションアップ!


a0021266_130424.jpg

ターミナルまで徒歩で移動。さすがにこれは人生初。

平屋で小さい空港だけど、きれいで趣があります。
なんか来たぞ! って感じ。

明日からの遺跡巡りが楽しみです。

---------------------------
前回のベトナム旅行
1日目
2日目
3日目
4日目
[PR]
by van_ya | 2013-10-27 01:33 | 雑記 | Comments(0)
夏(秋)休み 1、2日目(ベトナム1日目)
今年の夏は忙しかった!
というわけで、若干(かなり)遅めの夏休みを取得。

初日、最終日は移動で前半2日ベトナム(ホーチミン)、後半2日は念願のカンボジア(アンコールワット)に行く。

<1日目>
移動で終了。
前日に台風26号が関東を直撃していったのでヒヤヒヤ。


<2日目>
ベトナム1日目はホーチミン市内観光。

実のところホーチミンは2回目で、前回は完全なバックパック旅行。
ホーチミン市内は大抵の場所を既に回っていたのだけど、今回は初ベトナムの父も一緒だった為だまって観光に付き合う。

■旧大統領官邸
a0021266_0184390.jpg
今回の旅行の観光一発目。
全然記憶にないから前回は来なかったのかな?
a0021266_023215.jpg
a0021266_0234474.jpg
豪華な応接室や遊技場がある中、作戦指令室や地下の軍事施設、屋上にはヘリポートなどもあって、ベトナム戦争の歴史的跡のようだった。

■サイゴン大教会
a0021266_0303361.jpg

天気が良かったのでものすごくキレイな写真が撮れました。
a0021266_0314096.jpg
a0021266_0331374.jpg
サイゴン大教会は前回きた時は中でミサ中だったかで表からの見学のみ。
今回は中に入って中の聖人像やキレイなステンドグラスなんかも見る事が出来ました。

■中央郵便局
a0021266_0334066.jpg

■ベンタイン市場
a0021266_0342784.jpg
郵便局とベンタイン市場は前回来た時にかなりの時間を割いて散策済み。
a0021266_0381079.jpg
a0021266_0381562.jpg
現地の人たちの生活が見える市場やマーケットは大好きです。

アジアの市場は活気&熱気があってとても楽しい。でもこの市場は観光客と見るなり2倍、3倍でボッタクって来るw 値切り甲斐のある市場ですwww

■水上人形劇
a0021266_0423372.jpg
a0021266_0473886.jpg
a0021266_0474284.jpg
舞台の後方から人形を水に浮いているかのように操るベトナムの伝統芸能。

ナレーションがベトナム語なので物語の詳細までは判らず・・・

外国人観光客だけでなく、ホーチミンに来たベトナム人観光客にもけっこうな人気ぶり。

人形劇は初めてだったので、ベトナム初日はこれが一番楽しかったかもw

その後フランス料理の夕食。

元フランス統治下時代があっただけに、けっこう本格的なフランス料理だったのだけど、客の格好はTシャツ、短パン、サンダルなどがあちこちに。

店や料理の雰囲気と客とのギャップが面白かった。


---------------------------
前回のベトナム旅行
1日目
2日目
3日目
4日目
[PR]
by van_ya | 2013-10-27 01:01 | 雑記 | Comments(0)
ようやくの夏休み
今年の夏は忙しかったので、今頃になってようやく夏休み。

念願のカンボジア(アンコールワット)に行ってきました。
a0021266_23131238.jpg

今日の朝便で返ってきてヘロヘロなので写真のUPは週末にでもゆっくりと・・・
[PR]
by van_ya | 2013-10-22 23:13 | 雑記 | Comments(0)
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、
各社の登録商標、もしくは商標です。

(c) 2003-2004 GRIGON Entertainment. Co., Ltd.
(c) 2003-2004 YNK JAPAN Inc.
(c) 2003-2004 KESPI Co., Ltd.