Sealのポリゴン
最近ネトカフェイベントのせいもあり、ちょこちょことネトカフェに行くようになりました。
そこで気がついたのが、Sealのグラフィック設定が人によって思ったよりもまちまちだということ!

Sealのグラフック的特徴といえば、かわいい絵柄もそうですが、なにより3Dポリゴンを擬似2D化して、アニメ調に見せるカートゥーンレンダリングが上げられます。

実際ゲーム中には人それぞれの好みや、PC環境に合わせるために、3D⇒カートゥーン⇒カートゥーン+輪郭処理のから3種類が選べるようになっているのは、大抵の人が知っているはず。

とはいうものの、私自身今まであまり設定変えたりとかしたことがないので、ちょっと比較とかしてみました☆

【3D】
a0021266_199263.jpg
一番処理が軽い(ハズ)3D表示のみ。
ポリゴンツルツルで、いかにもCGって感じです。
おそらく次のカートゥーンレンダリングで、色の境界線のしきい値をとる為でしょうか、全体的に色が暗めな印象です。


【カートゥーンレンダリング】
a0021266_19125297.jpg
無機質な感じのする3Dポリゴンを、2Dアニメチックに変換処理。色は3Dのグラデーションから打って変わって一定の境界線ではっきりと塗り分けられます。
しかし、色数が減った分同色で色がかぶったところはつぶれてしまい、のっぺりとした感じになってしまっています。


【カートゥーンレンダリング+輪郭処理】
a0021266_19185282.jpg

Sealのデフォルトかつ私のオススメ。
アニメチックに変換されたグラフィックに、輪郭線をいれることでよりハッキリとキャラが際立ちます♪
このモードのみ、キャラの影(装備品も含む)がしっかりと地面に映り込むようになります。

レンダリングの調整の他、ポリゴン表示域の調整(遠くの背景を表示しないようにして処理を軽くする)などの設定もでき、最近の3Dゲームのなかでは比較的低スペックのマシンでも遊べるのもSealの特徴の一つです。

Intelの815G内臓グラフィックでも動作させることが出来たので、未プレイの人は最初の無料期間だけでも遊んでほしいなぁ~☆

『Sealやってみたいけど、PCのスペックが不安・・・』というあなた!!意外とグラボ追加なしでも、とりあえず遊べちゃったりするんですよヨ、これが♪
(注)どんなPCでも動くということではないので、あしからず・・・w
[PR]
by van_ya | 2005-01-23 19:42 | 雑記
<< ■2005年01月24日(月)■ ■2005年01月17日(月)■ >>
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、
各社の登録商標、もしくは商標です。

(c) 2003-2004 GRIGON Entertainment. Co., Ltd.
(c) 2003-2004 YNK JAPAN Inc.
(c) 2003-2004 KESPI Co., Ltd.